toggle
2012-06-09

北へ

DSCF0046_convert_20120609095329.jpg
陸前高田に行った。目の前には広大な更地がひろがっている。こんな景色を直に見たのは初めてだ。
震災前の陸前高田では、新しい家ほど海近くの平地に建てられていた。この地域を度々襲った津波
の恐怖・教訓は、残念ながら十分には浸透していなかった。案内をしてくれた両親の古くからの友
人(大船渡在住)は、そう言って静かな海をみつめていた。
これまで新聞やニュースといった媒体を通してのみ知っていた被災地。メディアが間に入ることで
いろいろ知ることはできても、それ故、実体に触れることができないというジレンマを感じていた。
だが実際に、映像でも写真でも文字でもないこの光景を目にして、私はただ黙っている他なかった。
あれから1年以上が経ってもここには何も無い。あるのは、巨大な瓦礫の山と無惨な形のまま残さ
れたコンクリートの建物。
結局、私は音楽を続けていくしかない。さまざまな出来事を記憶にとどめながら。この大震災もそ
うだ。被災地の復興を心から願う。そしていつかまた、今度は楽器と一緒に岩手・東北を訪れたい。

関連記事

コメント1件

  • まとめtyaiました【北へ】

    陸前高田に行った。目の前には広大な更地がひろがっている。こんな景色を直に見たのは初めてだ。震災前の陸前高田では、新しい家ほど海近くの平地に建てられていた。この地域を度々…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA