toggle
2012-03-18

明日の目標

昨年の暮れに観た映画「グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独」で、
コーネリア・フォスがグールドのバッハ演奏についておよそ次のように述べていた。
精密な時計を一度バラバラに分解して、もとの形とは全く違うものに組み立てる。
私はあんまり好きじゃないわ。バッハの良さがそこなわれる。

確かこんな感じだったと思うが、うまく例えたなとそのとき思った。
私はグールドの演奏が好きだ。一時期かなりはまっていた。
彼についてはいずれ記事にしようと思っている。
明日はバッハではないが”超”の付く名曲コンサート。
誰もがしっている曲を新鮮な気持ちで演奏すること。
風穴をあけるように。これができれば面白くなる。

関連記事

コメント2件

  • otebox より:

    SECRET: 0
    PASS: 6615470244f383f999a60eb0619b9803
    麦ちゃん、昨日のコンサートありがとう。子どもたちへのサービス精神も全開だったので声をかけずに帰ってきてしまいました。楽しかったです。おかげで気分よくお昼にして帰りました。普段外食はしない夫婦なんですがね。
    それにしても、なんでこんなに琴線に触れる記事が多いんやろ。グレン・グールドに出会ったのは「ゴルドベルグ変奏曲」でした。理解が足りてないのを承知で敢えて言えば、ジャズだと思ったね。これと同じ気分になったのはカザルスの無伴奏チェロ組曲だわ。二人の洩らす呻き声のせいなんでしょうか。いえいえ、オッサンの世代はモダンジャズにどっぷりの時代人なんです。分解するだの構築するだのという理屈じゃなくて、演じ手に寄り添って心地いいかどうかなんです。

  • nakatabaku より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    oteboxさま
    昨日も聴きにきていただきありがとうございました。挨拶もできず失礼しました。
    ど真ん中にいらっしゃったのですぐにわかりました。僕もグールドとの出会いは
    「ゴルトベルク変奏曲」で、初めて聴いたときは衝撃をうけました。これは普通で
    はないな、と。チェロ組曲はアンナー・ビルスマを今は愛聴しています。カザルス
    は色男Yの神的存在でした。ジャズの洗礼は中1のころ、MJQ。それこそ田中さんと
    同じ世代のおっちゃんに薦められて。いずれジャズのことも書きます。
    中田麦

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA