toggle
2012-03-13

詩の時間

 海が好きだったら
  水になにを書きのこすことが
  できるだろうか
  たぶんなにを書いても
  すぐ消えてしまうことだろう
  だが
  私は水に書く詩人である
  私は水に愛を書く
  たとえ
  水に書いた詩が消えてしまっても
  海に来るたびに
  愛を思い出せるように
             寺山修司
寺山は私のなかでは谷川と双璧をなす存在。イニシャルも同じだ。
この詩が自分に響くのは、音楽をやっているからだろう。
音もまた、こだまを残して虚空にきえていく。それがさだめ。
それでも私は音楽を続ける。世界とともにあるために。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA