toggle
2012-04-01

詩の時間

幸福が遠すぎたら
 さよならだけが
 人生ならば
  また来る春は何だろう
  はるかなはるかな地の果てに
  咲いてる野の百合何だろう
 さよならだけが
 人生ならば
  めぐりあう日は何だろう
  やさしいやさしい夕焼と
  ふたりの愛は何だろう
 さよならだけが
 人生ならば
  建てたわが家は何だろう
  さみしいさみしい平原に
  ともす灯りは何だろう
 さよならだけが
 人生ならば
 人生なんか いりません
            寺山修司
出会いと別れの季節にはこの詩がぴったりだ。
寺山の才能には、ただただ感嘆するしかない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA