toggle
2012-04-23

詩の時間


 いっぽんのその麦を
 すべて苛酷な日のための
 その証としなさい
 植物であるまえに
 炎であったから
 穀物であるまえに
 勇気であったから
 上昇であるまえに
 決意であったから
 そうしてなによりも
 収穫であるまえに
 祈りであったから
 天のほか ついに
 指すものをもたぬ
 無数の矢を
 つがえたままで
 ひきとめている
 信じられないほどの
 しずかな茎を
 風が耐える位置で
 記憶しなさい
        石原吉郎
高校時代お世話になった国語の先生に教えてもらった。
この詩をよむと、自分は”名前負け”してないかどうか、
一瞬不安を覚えたりもする。だが、すごく励まされる。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA