toggle
2012-05-16

詩の時間

 不来方のお城の草に寝転びて 
 空に吸われし
 十五の心
          石川啄木
『一握の砂』より。私の一週間の問いに対するこたえは、
この歌にあった。啄木の心は空に溶けていったんだろう。
空と一つになった。逆らうことなく。理想的な精神状態。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA