toggle
2012-04-10

4月9日

本当は逃げていたのかもしれない。
まじめさ、意味、自分のそれらのことから。
それは不器用で頑なで人に見せたくないものだ。
そこからわざと距離をとって斜に構えていた。
自分を保つために。
金芝河の詩集を読んだ。
もうだいぶ前に封印したはずの感情がいっきに溢れてきた。

 歩むのがつらい道
 行かねばならず 歩まねばならぬこの地
 いっそ 誰かに任せてしまいたい
 いまなお尽せぬ 募る思いと
 いまなお尽きぬ悲しい歌を
 されど
 道は歩むもの 募る思いは
 吐き出すのが 世のならいとか
 
 涙が流れる
 君を送らねばならず 忘れねばならぬこの土地
 明き盲さながらの君と
 口があっても黙しているおれならば
 
 されど
 道は進まねばならず
 募る思いは吐き出さねばなるまいよ
彼に見透かされてしまったようだ。
私は軽率な自分の行いを羞じた。
正直であることは難しい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA