toggle
2013-05-20

内田光子


気になっていたがなかなか手が出せなかったCD。新潮社『考える人』のロングインタビュー
がとても興味深かったので買ってみた。自分の演奏がいかに粗いか、それを思い知らされる。
一音一音とその間にある充足感は恐ろしいほど。この人、まるで能面のような顔立ちをして
いるが、その裏側には本当に鬼がいるんじゃないか、と思えてくる。生演奏を聴いてみたい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA